読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「四国恋活デート」代表 甲木良作の恋愛相談ブログ

CEN株式会社は四国高知で婚活サービス事業を展開。1年で独身者のお見合いセッティングを400名15組カップリング達成。真面目に恋愛したい方向け恋活デートセッティングサービス「四国デート」代表コーディネーターです。

デート・カウンセリングは対面NG。パーソナルスペースを。

f:id:ryosaku0408:20170119064547j:plain

 

彼氏カノジョなど親密度が深ければ、『パーソナルスペース』は狭く、商談など、ビジネス関係であれば距離は長くなります。

 

【心の距離=物理的な距離】ということは、「上司と仲良くなりたい」、「顧客と打ち解けたい」ならラーメン屋のような横並びカウンターか、丸テーブルのお店でパワーランチがオススメですね。

 

なぜなら、特に男性は『パーソナルスペース』は縦に広く横に狭い楕円形。だから横並びor L字が圧倒的に有利。

 

更に、人間は、自身の中で矛盾する認知を同時に抱えた状態、またそのときに覚える不快感を解消するために、自身の態度や行動を変更すると考えられている。

 

これを『認知的不協和』と言いますが、ようするに「物理的な距離が近い=親しい」と勘違いして、整合性を取ろうとするんですよね。

 


デート・カウンセリングは対面NG

 

ちなみに、僕は教員時代は生徒指導をしていましたが、生徒の悩みを聞くときや、保護者と面談するときは、対面だけは絶対に避けました。

 

理由は、対面に座ると、圧迫感やプレッシャーを感じてしまうからです。議論をするときは逆にいいのかもしれませんが、対面は極力避けましょう。

 

止むを得ず対面に座る場合は、体の向きを少し斜めにズラすといいですね。

 

更に腕組みをしているときは、まだあなたに心を開いていない、警戒している可能性があるので、世間話で緊張をほぐしましょう。

 

体が前のめりになったり、目の前のグラスを横に寄せるなどのサインは、「あなたの話に興味がある」「あなたと親しくなりたい」サインですので、踏み込んだ話をしてもいいでしょう。

 

これが使えるようになると、まるで魔法使いのように相手と親しくなれますので、是非、試してみてくださいね。